給湯器の交換はなぜ水道修理専門店へ依頼するのか

水道修理が必要な場面はたくさんあり、給湯器 交換もそのひとつです。スイッチ一つで温かいお湯が出てくるので私たちの生活になくてはならない機器のひとつになっています。そんな給湯器にもしもトラブルが起きたら、そんなときに知っておくと役立つ情報をお伝えします。

■自分で修理することは可能なのか

給湯器 交換を自分で出来るのであれば楽かもしれませんが、給湯器の修理や交換は一般人が対応してはいけないと法律で定められています。有資格者のみができることなので、勝手に修理や交換をしてはいけません。大きな被害へと繋がってしまう場合もあるため、必ず水道修理専門業者へ依頼して対応してもらいましょう。悪質業者に騙されないためにも、担当するスタッフは有資格者なのかどうか問い合わせることも大切です。



■交換がいいのか修理がいいのか

これを見極めるのは難しいかもしれません。一般的に給湯器の寿命は8年から10年と言われています。そのため設置してから8年以上経っている場合はそろそろ修理ではなく交換の時期かもしれないと把握しておくといいでしょう。修理にかかる部品代や手間賃を考えると、新しく交換したほうがお得になることもあります。




■まとめ
給湯器 交換は有資格者でないと対応できないため、水道修理専門業者にすべて任せましょう。自分で交換することは危険です。また、交換なのか修理なのかといった判断も素人では判断がつきにくい場合もあるため必ず専門家へ相談しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ