給湯器の水道修理が必要になる見極めポイント

給湯器 修理が必要になるかどうか素人には判断しにくいのが現状です。専修理や交換には水道修理専門業者の門的な知識が必要になります。しかし、給湯器にどんな不具合が起きているのか、いつもと何が違うのか気づくことができるのは使用者だけですから、点検すべき点を把握しておくことは大切です。

■給湯器のどこを見ればいいのか

給湯器の寿命は10年前後と言われているので、設置してからそのぐらいの年月が経つとトラブルが起こりやすいと把握しておきましょう。また、日ごろから確認しておくとトラブルに早く気付きいやすいことも分かっているので、給湯器の寿命の合図を見逃さないようにしてください。例えば、給湯器から出てくるお湯の温度が高かったり低かったり一定ではない場合や、給湯器から出てくる水の量が以前に比べて少なくなったときなどです。また、給湯器本体から以前は聞こえなかった音が聞こえるようになったときや、お湯を張ったときの温度が設定温度より低かったり高かったりする場合などは寿命の合図です。

■給湯器はガスのトラブルもおこりやすい

水漏れトラブルだけでなく、給湯器はガスのトラブルも考えられます。素人が勝手に修理や交換を行うことは禁止とされており、法律でも有資格者しかできないことと定めています。ガストラブルが起こると、場合によってガス爆発も起こります。大きな事故など取り返しのつかないことになるので注意しましょう。




■まとめ
給湯器は長年使用することでトラブルも起こりやすくなります。いつもと違う症状に気が付いた場合は早めに対応が必要です。また、給湯器 修理を行う場合は危険を伴うため専門的な知識を持った水道修理専門業者に依頼することが重要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ